リフォームローンを借りるときの条件は?

新生銀行グループのアプラスのリフォームローンはTポイントが貯めている人におすすめです。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、返済回数は最長で84回(7年)、融資可能額は10万円以上300万円以内という大変ライトなローンになっています。

金利についてですが、アプラスの金利は短期融資のため7.20%から14.40%とやや高めの設定になっています。

パソコンやスマホで申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

返済シミュレーションも条件が詳細に設定できるので、興味のある方は、HPをご覧になってみてください。

リフォームローンの選び方は金利だけを見てはいけないということです。

借入れ可能な期間についてや、上限金額、保証人や担保が必要か否かなども選ぶポイントとなります。

また、団体信用生命保険の加入可否や手数料など諸費用についても細かく比較することをおすすめします。

建材メーカーの中には自社商品をリフォームで使用する場合、金利0%の無担保ローンを組めるといった商品もあります。

リフォームローンは種類が豊富ですのでローンに対応しているリフォーム会社に相談するのもオススメです。

リフォームローンを組むことになった場合。

いくら借りられるかというのは、リフォームをするにあたり一番最重な項目ですね。

でも、住宅ローンと比較して借入限度額はわずか1/10です。

リフォームローンで借入れできる金額は最大でも500万円から1000万円程度です。

リフォームローンの金利は2から5%と高く返済期間は最長10年から15年と短いので、借入金額がある程度抑えられていないと、返済額がかなり大きくなってしまうのです。

現実的な返済額を事前にシミュレーションすることが大切です。

リフォームローンを探すオススメの方法として有効なのはランキングサイトを利用するのが簡単です。

とはいえ、住宅事情というものは人それぞれで異なりますので一概にネット情報を鵜のみにしてしまうのはいけません。

まず最初に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な金額を計算し諸条件にあったリフォームローンを選びましょう。

リフォーム費用が高額なるようであれば有担保型ローンがおすすめですが、少額で済みそうであれば小回りが利く無担保型ローンがおすすめです。

中古住宅の購入と併せてリフォームを計画されている方は一体型のリフォームローンを利用することで、金利を抑えることが可能です。

リフォームを行うにあたって必要となってくるのがリフォームローンの頭金です。

その料金は施工する業者によって様々です。

リフォーム工事に取り掛かる前に頭金が必要という業者もいれば工事完了後に一括払いという業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので複数の業者から見積もりを取る方がいいでしょう。

通常、頭金に必要な費用は工事費用の1から2割程度が一般的ですが、契約前に資材費を請求してくる業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容をしっかり確認して、資材の総額などきちんと契約書に記載させることです。

リフォームローンの口コミで気を付ける点として、高評価な金融業者が当たりとは限りません。借り入れ条件の良さと悪さというのも重要です。

参考:リフォームローン借り入れの条件は?審査に通る!【申し込みの基準は?】

低金利なローンには借りたいという人が集中しますので審査基準が厳しいので借りやすいとはいえないという傾向にあります。

故に、残念ながら審査に落ちてしまい怒り心頭状態で悪い口コミを書いてしまうということは珍しくありません。

ですので、口コミに踊らされてしまうと自分の条件に合った商品を見落とすかもしれないのです。

特に金融関係の口コミを参考にする際には、口コミの件数に囚われずどういった経緯でその評価になったのかという理由が重要なのです。

リフォームローンの金利についてですが金融機関ごとに異なります。

低い利率では1%台からありますが、金利が15%ほどもある金融機関もあります。

2種類の金利体系があり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利は金利が低いメリットがありますが、景気の動向に左右されるため金利が高くなるリスクがあります。

一方、固定金利というものは完済まで金利は変わらない安心感がありますが、金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利のまま返済を続けるリスクもあります。

金融機関より借り入れたリフォームローンが余ってしまった場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資される金額は業者の見積書などによって決定するため余剰が出るケースは稀ですがそのままにしておくと架空請求みたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しないように上乗せ融資を勧めてくる施工業者もいるみたいです。

また、金融機関でも追加融資が難しい場合には、予め上乗せ融資を勧めるといったことがあるようです。

融資側は最終的に完済されれば問題が無く、そのまま放置していても構わないようですが気になってしまう人は繰り上げ返済をしておくとよいでしょう。

リフォームローンの審査基準に通るには?

比較的手軽に借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保不要のリフォームローンです。

保証人を確保しなくても借りられるので手軽に利用出来るローンです。

一方で、金利が高いことや、借入期間が短い、限度額が少ないなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

故に無担型ローンが適しているという場面は小規模なリフォームといえるでしょう。

持ち家かつ、少額のリフォームということになれば余裕がある家庭のリフォームとみなされることが多いため審査に合格しやすいといった傾向があるからです。

リフォームローンのシミュレーションがあることを知っていましたか?シミュレーションは大手金融業者であればHPに試算フォームを設置しています。

検索サイトで「リフォーム」「シミュレーション」と入力すると該当するサイトがヒットするので表示されたサイトにアクセスします。

返済期間や借入希望額を入力すると月々の返済額が即座に算出されるので、ローンを組む前のシミュレーションにもってこいです。

個人情報の登録をせず試算することができますのでローンを組もうとしていることばばれてしまうのではという不安を抱く心配はありません。

返済額の計算は複雑で素人では難解ですから積極的に利用することをお勧めします。

リフォームローン金利比較を行う際は大手の比較サイトを利用するのが効率的です。

いくつもの金融機関の情報が掲載されている比較サイトであれば借入れ条件が一目見てわかります。

金利や借りやすさや借入限度額、審査時間など調べたい条件に応じて並び替えができるので調べる手間が省けます。

サイトによってはバナーが貼ってありますので検索しなくても見たいHPにすぐ行くことができます。

最近はネット銀行が普及してきたので来店不要や全国対応など銀行へ足を運ばずに申請できるローンが増えています。

アルヒ(ARUHI)のリフォームローンは申込資格には、満20歳以上65歳未満と規定されています。

融資金額は50万円以上1 000万円以内とリフォームローンとしては高額で、返済回数は12回(1年)から420回(35年)となっています。

アルヒの契約には連帯保証人が必要になるほか、借入の合計金額が500万円超となる場合は抵当権も設定され、任意で団信保険付プランを選択することもできます。

貸付利率の適用基準は変動金利型で、4月1日、10月1日の年に2回の長期プライムレートを、3か月後の口座振替から適用となります。

アルヒのフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれ基準金利と事務手数料が異なります。

(事務手数料は融資実行時に融資金より差引かれます)楽天のリフォームローンの特徴の1つとしてフラット35(リフォーム一体型)というリフォームローンがあります。

住宅の購入資金+リフォームの工事資金を合わせひとつのローンで融資が受けられる商品です。

2016年の10月には新商品の【フラット35】リノベという商品が発売されました。

【フラット35(リフォーム一体型)】と何が違うかというと金利の引き下げが受けられることです。

注意点として工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sと併用することはできません。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選びましょう。

リフォームローンには担保形というものと無担保型というものがあるのですが借入期間や借入可能額、金利相場に違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年でしかなく、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と比較的少額のローンとなるのですが、担保型は期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いです。

金利に関しては長期借入の方が低金利になりますから無担保型の約2から5%という金利に対して、担保型は約1から2%といった低い金利となります。

その上、貸付金利タイプでも差があって固定金利と変動金利では変動金利の方が低金利です。

リフォームローンの一体型とはどういったものかご存知ですか?簡潔に言うと住宅ローンとリフォームローンが一緒になっているローンです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンを視野に入れると良いでしょう。

住宅ローンと比較するとリフォームローンのほうが金利が高いので1本化することでリフォームも低金利が適用されるメリットがあるからです。

但し、注意点もあります。

それは、事前審査の内容においてリフォームの見積書が必要になる可能性があるほか、申込の際にリフォーム工事の請負契約書の提出が必要になることがあります。

それ故、物件探しとあわせてリフォーム業者を探す必要があるのです。