住宅ローン金利はどこが安い?今後の見通しは?

私は現在34歳です。
昨年の冬に第一子である娘が誕生しました。
娘が誕生したことを機に、現在私は、マイホームの取得を前向きに検討しています。
約2年前に現在居住している中古住宅を現金で購入しました。
なぜ現金で購入したかと言いますと、私の前に、この家を買いたいと思った方が住宅ローン審査に落ちたために、売主さんが現金一括で買ってくれるのであれば大幅な値引きに応じると言ったからです。
結果的に、1580万円で売り出されていた家を1400万円で購入できました。
私たち夫婦は、不妊症であるという診断を受けていたため、小ぶりなこの家は2人暮らしにはちょうどいいサイズだと思っていました。
ところが、奇跡的に娘を授かり、考えていたライフプランは変更を余儀なくされています。
この家には色々と不具合があるからです。
例えば、私の家は駅までは徒歩6分と便がいいと思うのですが、娘の小学校までは片道2キロもあるのです。
子どもを授かるわけがないと思っていた私たちに小学校の位置を気にする余裕はなかったのです。
ですから、現在は子育て環境を第一に考えてのマイホーム購入を考えています。
しかしながら、今の家を現金一括で購入してしまったため、次にする時には「住宅ローン」を使わなければ買えそうにもありません。
そこで住宅ローンの「金利推移」を調べてみたところ、現在の金利水準は過去35年間の中で、とても低いのだということがわかりました。
バブルの頃は住宅ローン金利が最高8.5%という高水準を記録しているのです。
そう言えば義母は1980年代にマンションを購入したのですが、その当時の住宅ローン金利が6%だったと申しておりました。
当時の価格で1200万円のマンションを購入するのに支払った総額は2500万円を優に超えると言っていたのもあながちウソではないのだと思います。
そんな時代を考えれば、現在は1%を切るような住宅ローン金利も、めずらしくなくなってきました。
住宅ローンを組むには、とてもいいタイミングなのかもしれません。
また感じたことなのですが、過去に3回ほど住宅ローン金利が上がったことがあるのですが、住宅ローン金利は下がるときはじわじわと下がってくる感じなのですが、上がるときは一気に上がる特徴があるのです。
現在は、正に底辺のようなローン金利ですので、いつポーンと金利が上がってもおかしくはありません。
なるべく早く住宅ローンを組んで、夢のマイホームを愛する娘のために手に入れたいと思っています。

住宅ローンは固定金利・変動金利どっちがいい?

将来、借りやすい住宅ローンを考えているけど高額なために利子が少しでも安い店で申請したいと思うでしょう。

ですので、低価格で安心安全の利用者も多い知っていると得するお勧めの銀行をご案内します。

まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。

何を差し置いてもその金利の安さはどこにも負けず、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、会員だからこそ利用できる割引サービスは嬉しいですね。

また繰り上げ返済時の手数料も無料なのも、人気の秘訣です。

もし何か問題があった時の対応も調べておくと良いですね。

住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。

ですが、住宅購入をする際には必ず借りやすい住宅ローン審査が必要です。

現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。

ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。

住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。

35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。

審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。

ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。

という事も重要なポイントです。

せっかくマイホームを購入したのに、返済金が残っている状態でガンだと分った時はどのように支払っていけばいいのでしょうか。

通常は、ローンを組めば自動的に団体信用生命保険に申し込むので借り手が亡くなると代償が支払われるようになっています。

申し込んだ内容にガン保険が入っているものもありますが、申請しないと申込みできないものもあるので確認しましょう。

それに同じ保険でも診断された時点で支給されるものと、例として1年以上入院をされた場合に支払われるものもあります。

一見高く見えるかもしれませんが、それほど大きな差は無いので何かあった後では遅いので、今から準備しておきましょう。

住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。

頭金無しでも住宅が購入できる!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

その代わり、月々の返済額は膨らみます。

月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。

頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。

住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。

その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。

団体信用生命保険の内容は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローンが無くなる。

という内容の保険です。

これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。

どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。

自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。

いずれは借りやすい住宅ローンを組んでマイホームを購入する方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。

これまで経験した事のない高額な買い物になる事間違いなしです。

従って、低金利という理由だけで決めるのは間違いです。

参考:住宅ローン金利が安い銀行は?低金利ランキング【どこが安い?】

おすすめとしては、実質返済すべき金額を見る事です。

低金利といっても、他に必要な事務手数料などがかかってしまうと結局、総返済額が大きくなってしまう可能性があるからです。

そしてその時の景気に合わせて変動金利か固定金利かを選択し、長い目で考えてどれが一番良い選択かを見極めましょう。

選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。

近々、マイホームの購入を検討されている方やローン返済中の方もオーバーローンにならないように注意する必要があります。

借入れをする目的が家を購入するためのものなので、別の目的があって申請した場合には、違反になります。

この為、いくら費用を準備しなければならないのか?物件を扱う仲介者ともよく相談し決めなければなりません。

またもしもこのような借入れが発覚した場合、中を取り持った会社もクビになるだけでは済まないのです。

既に述べたような危険性があるだけでなくデメリットも大きいので目先の事だけでなく将来をしっかり見据えて選択しましょう。

これから、マイホームを購入する予定のある方、返済総額はいくらで、期間はどの程度になるのか細かい数字まで出したい方はシミュレーションしてみましょう。

臨時収入を当てにして返済を考えるのか、そうでないのか金利や返済開始月など細かく条件を設定できるので、大まかに住宅ローンの返済額を計算できるので大変役立ちます。

予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、自分の予算に合わせて比較検討してみて下さい。

ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。

無料相談をしているところもあるので、検討しましょう。

借りやすい住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。

借りやすい住宅ローンの金利というのは大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。

どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。

基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。

また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。

と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。

どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。

自分の家を建てよう!と思ったとき資金関係で役立つのは住宅ローンです。

申し込みをする場合は、銀行や信用金庫で受け付けていますがまず不動産屋に行く人が多いと思うので不動産屋と提携している銀行・信用金庫に申請しても良いと思います。

返済に関しては人によって違ってきますが最長で35年の期間が借り入れ可能です。

ですが、この35年という期間は年齢によって不可能になる場合もあります。

多くの場合、40歳以上を過ぎる申し込みに関しては難しくなるケースが多いようです。